漁師の仕事 · 2019/02/17
ボイル→塩蔵→芯抜き と、塩蔵わかめの作業過程を書いてきましたが、 今回は脱水から箱詰めまでを。 そしてようやく出荷になります。 こうしてあらてめて書いてみると、 かなり手間がかかっていますね。 ある程度大きな加工会社さんだと、 それぞれ作業を分担して流れていくのでしょう。 でも、うちのように個人でやってる漁師は、...

漁師の仕事 · 2019/02/15
前回、塩蔵わかめをつくる過程を書きました。 今回はその続き、わかめの芯抜き(しんぬき)という作業を紹介します。 一言でいうと、 塩蔵わかめを芯(茎)と葉の部分に分ける作業です これが大変な作業でして。 塩蔵したワカメを一本一本手作業で抜いていくのです。 もう気が遠くなりますよ。 そんな地道な作業をざっくりですが書いていきます。

漁師の仕事 · 2019/02/08
どうも、漁師で似顔絵の阿部です。 ワカメの刈り取り時期が近づいてきました。 一年で最も忙しい時期です。 「寒いし嫌だな〜」とか思いつつ、 まあ生活もかかっていますし、頑張ります。 さてさて、その塩蔵ワカメ。 なぜ塩蔵するかというと保存のためです。 毎日大量に刈り取ってくるワカメ。 しゃぶしゃぶとか火を通してすぐ食べると美味しいのですが、...

漁師の仕事 · 2019/01/23
「南三陸・海のビジターセンター」 で開かれた、アワビセミナーに参加してきました。 講師は東大でアワビの研究をしている先生。 岩手県の大槌町に東大の研究所があるんですね。 というか全国各地にあるという話でした。 さすが東京大学。 普段、アワビの養殖をしている私ですが、 知識としては知らない事だらけで、 ちょっと反省しつつも楽しい時間でした。

考えてること · 2019/01/10
どうも、漁師で似顔絵の阿部です。 さて、年も変わり心機一転。 ということで、今まであまり向き合ってこなかった、 「復興」という言葉について考えてみようと思います。 以前書いた記事、 言葉にする大切さ、感覚や考えを受け止めるうえでの役割 の中で言葉の難しさについて書きました。 そこで特に難しい、と思った言葉が復興です。 取材などを受けると、...

似顔絵の仕事 · 2018/12/28
ガンバレルーヤのよしこさん。 最初に見た時から「この人の似顔絵描いてみたい!」と思った方でした。復帰おめでとうございます。

絵描きの仕事 · 2018/12/19
以前このブログで紹介した 「ハートに切り取ったウスバアオノリ」や 「キタムラサキウニ」などを描いた方法で、 養殖アワビの殻を描きました。 でも今回はだいぶ苦労しましたね。 結論としては、 このモチーフにこの描き方は不向きだったかな。 描き方自体が楽しいからって、 なんでも当てはめたらいいってもんじゃないですね。...

その他 · 2018/12/16
午後の紅茶のCM。 歌声に癒されております。 歌っている方、 上白石萌歌さんというんですね。 早速、i tunesで検索。 ありました! CMで流れてる「366日」 ダウンロードして「いいわ〜」 と聞いていて気付きました。 上白石萌音!? 調べてみたら姉妹なんですね。 姉の萌音さん、妹の萌歌さん。 どちらも歌や女優として活躍されているんですね。...

考えてること · 2018/12/14
感覚や考え、目に見えないものを 言語化、言葉にする。 それこそ言葉で聞いたり読んだりして、 「必要なことだよね」とは思ってました。 でも、わかってるつもり になってずっと避けてきた部分でもあるかな〜。 最近ようやく、 そのことに向かいあって 言葉にする意味がわかってきた気がするので その辺の話を少し。

絵描きの仕事 · 2018/12/13
デザインって難しい。 最近、自分の絵からグッズを作っているのですが、 もう四苦八苦ですよ。 絵を描いてると、 その辺も「できるんでしょ」 と思われがち。 いやいや、 もう初心者みたいなもんです。

さらに表示する