ブログカテゴリ:漁業



漁師の仕事 · 2019/02/17
更新2019年4月30日 ボイル→塩蔵→芯抜き と、塩蔵わかめの作業過程を書いてきましたが、 今回は脱水から箱詰めまでを。 そしてようやく出荷になります。 こうしてあらてめて書いてみると、 かなり手間がかかっていますね。 ある程度大きな加工会社さんだと、 それぞれ作業を分担して流れていくのでしょう。 でも、うちのように個人でやってる漁師は、...

漁師の仕事 · 2019/02/15
前回、塩蔵わかめをつくる過程を書きました。 今回はその続き、わかめの芯抜き(しんぬき)という作業を紹介します。 一言でいうと、 塩蔵わかめを芯(茎)と葉の部分に分ける作業です これが大変な作業でして。 塩蔵したワカメを一本一本手作業で抜いていくのです。 もう気が遠くなりますよ。 そんな地道な作業をざっくりですが書いていきます。

漁師の仕事 · 2019/02/08
どうも、漁師で似顔絵の阿部です。 ワカメの刈り取り時期が近づいてきました。 一年で最も忙しい時期です。 「寒いし嫌だな〜」とか思いつつ、 まあ生活もかかっていますし、頑張ります。 さてさて、その塩蔵ワカメ。 なぜ塩蔵するかというと保存のためです。 毎日大量に刈り取ってくるワカメ。 しゃぶしゃぶとか火を通してすぐ食べると美味しいのですが、...

漁師の仕事 · 2019/01/23
「南三陸・海のビジターセンター」 で開かれた、アワビセミナーに参加してきました。 講師は東大でアワビの研究をしている先生。 岩手県の大槌町に東大の研究所があるんですね。 というか全国各地にあるという話でした。 さすが東京大学。 普段、アワビの養殖をしている私ですが、 知識としては知らない事だらけで、 ちょっと反省しつつも楽しい時間でした。

漁師の仕事 · 2018/12/11
養殖ワカメの仕込み作業、 ワカメの種はさみも終わり一安心。 だったのですが、 困った厄介者の出現です。 「アカモク」と言う海藻。 この辺ではタラモと呼ばれております。 写真の右上のモジャモジャしたのがそうです。 最近では結構食べられているようですが、 まあ困ったやつです。 何が困るのかというと、 いろんなものに絡まってくるんですよね。...

漁師の仕事 · 2018/11/21
寒くなってきました。 それもそのはず。 今朝は「けあらし」が発生してました。 「けあらし」とは、 写真のように、海面から湯気みたいに霧が立ち上っている状態。 今日のは結構すごかったです。 場所によっては視界が悪くなって 向かってくる船が見えないぐらい。 ちょっと調べてみたのですが、 「けあらし」が起こる原理。...

漁師の仕事 · 2018/11/16
普段、 アワビを養殖している私ですが、 年に数回、 天然アワビの開口(解禁日) というのがあります。 基本的に漁師でも、 勝手に天然のアワビをとってはいけないのです。 その天然アワビを、 今日はとっていいですよ〜 って日が開口(解禁日)になります。 夜が明けて、 二時間ぐらいの間に、 小型船がワッといっせいに海に出て、 アワビをとります。...

漁師の仕事 · 2018/11/08
寒くなってきましたね〜、 今年もワカメの種はさみの時期がやってきました。 そこで、 過去の記事を時系列にワカメの養殖作業をまとめてみました。

漁師の仕事 · 2018/10/22
震災後に再開して、 アワビの養殖も今年で四年目に入りました。 このぐらいになると、 成長具合も個体差が現れてきて、 なかなか大きくならないものや、 身が痩せてきてしまったものなど、 ちょっと普通には販売できないな〜 と言うアワビも出てきます。 そんなアワビを 「わけありアワビ」としてお安く販売します。...

漁師の仕事 · 2018/10/18
アワビの養殖かごに 可愛いのが紛れ込んでいました。 タツノオトシゴです。 なんか愛おしいですね〜。 でもよくみると竜みたいでかっこいい。 面白いですね。

さらに表示する